A 製品特性
1.ヒト・プラセンタ抽出物100%の注射剤です。

2.日本では、肝硬変やB型・C型肝炎等、肝疾患の治療剤として、肝細胞の増殖・再生を目的として使用される、健康保険適用の医薬品です。
欧米では、肝疾患の治療に加え、Anti−Aging(抗老化)の目的で幅広く使用されています。

3.ヒト・プラセンタから、分子分画法という抽出技術を用いて、細胞増殖因子やサイトカイン等の生理活性物質を高単位で抽出しています。

4.日本国内で、満期正常分娩により出産した方のプランセンタを、原料として使用しています。
また、ドナー(プラセンタの提供者)に対してはウィルス等、徹底的なスクリーニングが実施されると共に、製造最終工程で高圧蒸気滅菌を行っており、未知のウィルスへの対策も万全です。

5.ホルモンは前駆体(ホルモンを作る材料)まで分解してありますので、一切含有されていません。

B 使用目的/効能効果
次のような方にお勧めします。
1)免疫性疾患・アレルギー性疾患の方:膠原病、リウマチ、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、化学物質/食品過敏症、蕁麻疹、自己免疫性疾患、等

2)肝疾患の方:(ラエンネック注射剤は肝疾患の保険適用を受けています)ウィルス性疾患(A型・B型・C型)肝障害、アルコール性肝障害、脂肪肝、肝硬変、薬剤性肝障害、等

3)婦人科系疾患の方:更年期障害、プレ更年期症候群、生理不順、生理通、等(女性ホルモンは含有されていませんので、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮癌、乳癌の既往歴がある方でもお使い頂けます。)

4)美容目的の方:美白、肌のくすみ・たるみ・小じわの解消、きめを整える、肌密度低下の防止及び改善、肌のはりや弾力の維持、等

5)Anti−Aging(アンチ・エージング、抗老化)、若返りに:プラセンタを用いたAnti−Aging療法は、現在欧米を中心に広く行われています。
高齢者の体力維持や精力回復、細胞レベルでの若返りにお勧めします。

C 有効成分について
1)細胞増殖因子
「細胞増殖因子(Growth Factor、グロース・ファクター)」は、細胞の設計図となる遺伝子情報を運ぶ物質です。
胎児を約10ヶ月間で新生児まで成長(細胞増殖及び器官形成)させるプラセンタは、細胞増殖因子を合成・分泌する組織です。
細胞は設計図がなければ組み立てられませんので、細胞増殖因子がなければ  細胞が新たに作られることはありません。


2)サイトカイン
細胞増殖因子の中でも、免疫担当細胞(T細胞やB細胞、マクロファージ、等)を増殖・文化させるものを特に「サイトカイン」と呼びます。
自然治癒力・免疫能を賦活したり、過敏になった免疫細胞を制御したり、免疫システム全体のバランスを調整・回復します。
細胞増殖因子やサイトカインは、正常細胞の設計図を運ぶ物質で、栄養物質ではありませんから、遺伝子に異常のある癌細胞等の増殖はできません。
逆に、癌を持って生まれてくる赤ちゃんがいないように、プラセンタは細胞の遺伝子の突然変異(=癌化)を強力に防止する作用があることが、科学的に示されています。
ラエンネック注射剤は、プラセンタから細胞増殖因子やサイトカイン等、生理活性物質を効率よく抽出した、医療用医薬品です。細胞再生のメカニズムを科学した結果、細胞レベルでの若返りと修復を目的として設計された製品です。
お値段 1,500円


キレーション療法とは体内に蓄積している有害ミネラル(鉛・亜鉛・ヒ素など)や新陳代謝で生成された老廃物を血液の中から取り除く治療法です。
アメリカでは「動脈硬化治療」や「心疾患」・「脳梗塞」の予防、治療の療法として盛んですが、日本ではまだまだ認知度が低いのが現状です。
老廃物を取り除く事により、抗加齢療法の効果も認められています。
体内を浄化・抗老化作用・免疫機能の改善など、私たちに必要とされる効果を得られる療法だと思います。
 
    医療法人社団克仁会    所在地 / 〒311-1226  茨城県ひたちなか市幸町16-1
代表電話番号 / 029-263-0651    ファックス / 029-263-7047    メール / katsujinkai@katsujinkai.or.jp
© 2010 katsujinkai.or.jp, all rights reserved.
Flash環境 / Macromedia社のFlashPlayerバ―ジョン7以上が必要になります。必要な場合にはこちらでダウンロードして下さい。