人間は年齢と共に【老い】がきます。それは絶対に避けることは出来ません。
私も61歳になったとき(現在64歳)急激に老いていく自分を感じたのです。
頭の毛が急速に抜け始めたことや顔や身体のシミが目立つようになりました。
ゴルフの球も飛ばなくなる、背が曲がる、歯も、目も、悪くなる一方です。
このままでは自分は『私の頭の中はジジイになるのはすぐそこだ』と感じました。
そこで日本臨床抗老化学会に入会しさまざまな勉強会・学会に出席して抗老化の理論・実践を学びました。
自分でさまざまに試してみて実際にかなり効果のあることが分かりました。
そして自分の老化の進行がかなりスローダウンしたことも感じました。
老化そのものを止めることは不可能であり、年齢も1年経てば1歳必ず年をとります。
加齢は止められません。しかし、年を積み重ねるさまざまな老化現象の進行を遅らせることは可能であります。
その基本原則は遺伝子の傷つく事を抑えると言う事です。
顔のシミや身体・色素沈着が出てきた時には皮膚のその部分の遺伝子が正常でなくなった事を意味します。
その部分の遺伝子が傷つき変化したと言う事は目に見えない体中の細胞遺伝子が傷ついている可能性があると言う事です。
傷つき方においては正常細胞も・癌細胞に変化もします。その通りです。
あなたもお気づきでしょう、抗老化療法の原則と言うのは癌などの予防療法そのものであると言うことなのです。
ただ顔面のシミを取ったり、イボを取ったり顔面のシワを取ったりしてもそれはあくまでその部分の治療です。
シミやイボを予防する治療こそ実は癌などの疾患の予防治療なのです。
しかし顔面の老化を表面的に治療することも精神の若返りにはとても大切です。
鏡の中の自分が『じいさん』・『ばあさん』の顔であったら気持ちを若く保つ事は困難ですよ。
なぜなら鏡の自分をみて自分の年齢を思い知らされ諦めが先にいってしまいますよね。
だから私は抗老化療法の基本は3つにわけられると思います。

  遺伝子が傷つくのを防ぐ治療
  全身の細胞そのものを活性化させまた自分の内分泌が若い時を同じように分泌するようにする治療
  外面的にも若返ることによって自分の若々しさを保つよう顔面のイボやシミなど出来るだけ除去したり、
シワを取り除くよう努力する事は精神的にも大切です。

このように年老いても若いときと同じように【生き生きと生きる】事。それが抗老化療法の目指すものです。
ただ問題点もあります。抗老化療法というと老人の治療と思われがちです。
もちろん50歳代・60歳代・70歳代にも必要ですが本来大切なのは40歳代から始めることです。
なぜなら老化は20歳代終わりより始まるのですから。
 
    医療法人社団克仁会    所在地 / 〒311-1226  茨城県ひたちなか市幸町16-1
代表電話番号 / 029-263-0651    ファックス / 029-263-7047    メール / katsujinkai@katsujinkai.or.jp
© 2010 katsujinkai.or.jp, all rights reserved.
Flash環境 / Macromedia社のFlashPlayerバ―ジョン7以上が必要になります。必要な場合にはこちらでダウンロードして下さい。