ひたちなか市の地域医療のパートナー

内科・循環器内科



超音波は放射線を使用しないで体内の臓器を非侵襲的に観察出来る装置です。
心臓の超音波検査は一般的なスクリーニングでは10分位、横になっているだけで検査は終了します。
当然痛みは伴わない検査です。
検査対象としては次のような方です。
�E/sup>  検診で心電図異常を指摘された
�E/sup>  心雑音がある(心臓弁膜症を指摘されたことがある)
�E/sup>  狭心症、心筋梗塞の既往がある
�E/sup>  高血圧心疾患、心筋症その他。
�E/sup>  手術前の心機能評価。
その他様々な目的がありますが心機能を具体的に数値で評価することが出来ます。



食道側から心臓を観察出来る装置です。
主な目的は心臓内血栓を検出できます。
心内血栓は主に心房細動という不整脈によって発生します。
心房細動とは字の如く、心臓の部屋の一部、心房が細かく振動しているような状態です。
本来ポンプのように収縮しているはずが、単に振動しているだけなのです。
このような状況下では血液の流れが悪く血液が固まり易く、血栓という血液の固まりが心房の一部に付着します。
これを放置しておくとあるとき血栓が剥がれだし、脳やその他の臓器に飛んでいってしまいます。
脳の血管に詰まれば脳梗塞となります。
初めに説明しました胸壁から観察する超音波では血栓は観察不可能なことが多く、食道側からみるとはっきりと検出できます。
具体的な検査法は胃カメラと同じです。まず口の中をスプレーで15分程度麻酔をしてファイバーを口から入れます。
検査時間は約5分程度です。


主に虚血性心疾患、狭心症の診断目的の検査です。
狭心症とは心臓を栄養する冠動脈という血管が動脈硬化で細くなったため労作時に胸痛が出現する病気です。
安静時に胸痛が出現しにくいため、安静時の心電図では狭心症の波形異常が検出できない場合が多く、運動負荷しながら心電図を記録するものです。
狭心症の早期発見に役立つ検査です。
狭心症を放置すると心筋梗塞という致死的な病態に移行うることが多いので早期発見治療が必要な病気です。



不整脈を診断する装置です。
動悸、眩暈等という症状は不整脈が原因である場合が多いのですが、一般に記録される心電図は数秒間で、実際に不整脈や動悸を自覚する患者さんでも病院に来て心電図をとってみると正常である場合が多々あります。
不整脈と言ってもすべてがすべて治療を必要とするわけではないのです。
24時間、脈を記録することによって本当に不整脈が存在するかどうか、その不整脈がすぐに治療が必要なものかどうかを判断する装置です。
以前は機械も大きく装着も面倒でしたが、最近の装置はかなりコンパクトになって患者さんの負担も軽減されています。


ペースメーカとは一般的には徐脈(正常より脈が遅い)の患者さんが治療の対象となります。
具体的な病名は下に示す通り
�E/sup>  洞不全症候群
�E/sup>  房室ブロック
�E/sup>  神経調節性失神等が主となります。
正常の脈拍は一分間で約60~80回くらいですが脈が遅くなると、もしくは脈が一時停止することによって起こる症状として一番多いものは、めまい、失神発作、眼前暗黒感(目の前が真っ暗になる)などの脳虚血発作です。
また呼吸苦、息切れ等の心不全症状を呈する場合もあります。
これらの症状はすべて徐脈によるものです。
徐脈は心臓内の電気の伝導路の異常ですがこれを補助して脈拍を正常化する機械がペースメーカです。
緊急で脈の補助が必要な場合は一時的に体外式ペースメーカを挿入します。
その後永久式ペースメーカを移植します。
手術時間は約1時間、入院期間は1週間程度です。
尚、ペースメーカ移植術は身体障害者第1級(心臓病)の適応となるので費用は下記の通りです。

 

検査負担金 負担金(1割) 負担金(3割)
心エコー パルスドプラー法 980円 2,940円
経食道的 心臓超音波検査 1,000円 3,000円
トレッドミルによる 負荷心肺機能検査 700円 2,100円
ホルダー心電図 8時間を超えた場合 1,500円 4,500円
初診の場合 +270円 +820円


ペースメーカ移植術施行の為の入院費

医療費 身体障害者第1級が申請出来る為 0円
部屋代 3,000円×7日 (1日につき) 21、000円
食事代 130円×3食×7日 (1日につき) 2,730円
その他諸経費
PAGETOP
Copyright © 恵愛小林クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.